更年期障害に効く食べ物

更年期障害に効く食べ物おすすめ最新版

更年期障害は女性ホルモンの分泌が低下することが原因です。そのため、女性ホルモンの働きを補うことで症状の緩和が期待できます。

 

脳の視床下部は血液中のホルモンの量を常に監視しています。血液中の女性ホルモンが少ないと、性腺刺激ホルモン放出ホルモンを分泌します。

 

このホルモンを受け取った脳下垂体は、卵巣にホルモンを出すように指令をします。指令を受けた卵巣から、エストロゲンやプロゲステロンが分泌されます。

 

しかし、年齢を重ねると卵巣の機能が落ちるため、指令を受けても女性ホルモンを思っているほど分泌できなくなります。その結果、脳が混乱してほてり、イライラ、冷えなどの不調が表れることがあります。

 

大豆イソフラボンは更年期障害に効く成分です。大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た構造をしていて、女性ホルモンに働きます。女性ホルモンが過剰なときには、女性ホルモンの分泌を抑制します。

 

大豆イソフラボンを豊富に含む食べ物が大豆製品です。納豆、豆乳、味噌、ゆば、豆腐などさまざまな大豆製品があります。

 

大豆製品に含まれる大豆イソフラボンの量は、納豆1パック36.8mg、豆乳200ml49.6mg、豆腐2分の1丁22.3mgです。いろいろな食べ物から摂取しましょう。

 

大豆イソフラボンの摂取上限は70〜75mgです。食べ物から摂取する分には問題ないといわれていますが、サプリメントで摂取する場合は、1日の摂取量を守って過剰摂取にならないようにしましょう。

 

実際に更年期障害に効くことがいくつかの研究で報告されています。

 

更年期障害に悩む女性14人が、大豆イソフラボンアグリコン換算で40mgを3か月摂取しました。その結果、ほてり、耳鳴り、肩こり、めまいなどの症状が緩和しました。1日40mgの大豆イソフラボンを4週間摂取して、ほてりが軽減したという研究もあります。

 

大豆イソフラボンは糖と結びついた形で存在しています。摂取した大豆イソフラボンは、糖と切り離されたアグリコンに変化して吸収されます。納豆や味噌など発効した大豆製品は、最初からアグリコンになっています。

 

更年期障害に効く対策改善サプリメントはここから

更年期障害に効く食べ物おすすめ最新版関連ページ

プレ更年期サプリメント人気おすすめランキング最新版
更年期のイライラに効く薬サプリ人気おすすめランキング最新版
更年期マカサプリ人気おすすめランキング最新版
更年期障害プラセンタサプリ人気おすすめランキング最新版
更年期障害ホットフラッシュサプリ人気おすすめランキング最新版
更年期障害大豆イソフラボンサプリメント人気おすすめランキング最新版
更年期障害うつ病不安感対策サプリメント人気おすすめランキング最新版
更年期障害自律神経失調症対策サプリメント人気おすすめランキング最新版
更年期障害腰痛肩こり対策サプリ人気おすすめランキング最新版
更年期障害頭痛めまい対策サプリ人気おすすめランキング最新版
更年期障害むくみ冷え性対策サプリ人気おすすめランキング最新版
更年期障害動悸対策サプリメント人気おすすめランキング最新版
更年期障害肌荒れ対策化粧品&サプリ人気おすすめ最新版
若年性更年期障害20代30代におすすめのサプリ人気ランキング
更年期障害40代50代におすすめのサプリ人気ランキング
更年期障害60代におすすめのサプリ人気ランキング
ホルモンバランスを整えるサプリメント人気おすすめランキング最新版
男性更年期障害サプリメント漢方おすすめ
更年期障害に効く漢方薬おすすめは白井田七
ソイルナ口コミ効果体験談
マカ・プラセンタ口コミ効果体験談
キッコーマンからだ想い口コミ効果体験談
エイジングリペア更年期障害への口コミ効果体験談
フルミーマカ更年期口コミ効果体験談
CoCoRoプラセンタ口コミ効果体験談
F40プラセンタ&イソフラボンサプリメント口コミ効果体験談
高麗人参更年期サプリおすすめは高麗美人