更年期障害に効く漢方薬

更年期障害に効く漢方薬おすすめは白井田七

更年期障害に効く漢方薬として田七人参があげられます。朝がつらい、体の冷えが取れない、やる気が起きない、だるいというような更年期障害の症状を改善する効果のある田七人参。

 

田七人参が含むサポニンがその効果の鍵となります。田七人参には、更年期障害に有効なサポニンの量が高麗人参の7倍含まれています。特に更年期特有の冷えには効果絶大なものです。サポニンが持つ血流改善効果がつらい冷えを改善します。


 

 

高い血流効果があるということは、肩こり、だるさ、更年期特有の自律神経の乱れを整えることにも役立ちます。詳しくいうならば、田七人参に含まれるサポニンはジンセノサイドとよばれ、ジンセノサイドには幅広い効果があるのです。

 

中枢神経抑制作用、精神安定作用、抗糖尿病作用、コレステロール生合成促進作用、副腎皮質ホルモン分泌作用、腎臓保護、腎臓保護、鎮痛作用、抗ストレス胃潰瘍などがあり、更年期障害においては抗うつ作用、イライラ抑制、のぼせなどに効果が現れてきます。

 

このような効果を持ち合わせるおすすめ漢方サプリがあるのです。気になるところはその安全性かと思われますが、そこを胸を張ってご紹介できるのが「白井田七」なのです。

 

有機田七人参を使い、しかも和漢素材ですから安心は保証されています。一般的な田七人参の栽培となると、育てることが非常に難しいため薬品を用いて栽培されるものがほとんどです。白井田七が扱う田七人参は無農薬であり土や水の汚染までもを徹底して調べ上げて栽培されています。

 

ただただ田七人参をそのまま届けることだけを考えて作られたこの白井田七には余計なものは含まれておりません。希釈物も含まれておらず、田七人参を食べることと変わりありません。

 

白井田七は更年期障害の症状にお悩みの方とともに、血糖値の気になる方、尿酸値の気になる方にもおすすめのサプリメントです。サポニンはこれらの症状にも効果があるものです。ご夫婦でお試しになるのもおすすめです。


 

高麗美人更年期サプリ